生理周期が短い場合の原因は?どうやって改善すればいいの?

不妊症の基礎知識

生理周期は人それぞれであり個人差がありますが、
生理周期が短いということに不安を感じている方も
多くいるのではないでしょうか?


生理周期が短い人もいれば、長い人もいますが
周期が極端に長かったり短かったりしなければ、
特に心配をして悩む必要はありません。


今回は生理周期が短いという症状における
原因とその改善方法についての情報を紹介していきます。
[star_h4 style=”1″ color=”pink”]生理周期が短いってどういうこと?[/star_h4]
「生理周期が短い」や「生理周期が長い」など
生理周期の長短について表現されることが多いですが
そもそも正常な場合の生理の周期は何日なのでしょうか?


正常とされる生理周期の日数は
25~35日周期であると言われています。


生理周期が正常であると判断される日数の下限は25日ですが、
この下限を下回ってしまう、周期が24日以下の場合には、
頻発月経(ひんぱつげっけい)と呼ばれる症状にあたります。


頻発月経の場合には、通常の排卵周期よりも周期が短いため
卵子が育つ期間が短くなり、十分に育った卵子が排卵されなくなります


また、生理があっても排卵がされていないという場合もあるため
頻発月経の場合には、自身の生理周期を確認するだけでなく
排卵がしっかりと行われているのかどうかも確認する必要があります。


自身の排卵が行われているのかどうかについては
基礎体温を測定することにより、自宅でも確認することができます。


⇒基礎体温って何?正しい測り方を解説!
[star_h4 style=”1″ color=”pink”]頻発月経の原因は?[/star_h4]
頻発月経という症状は原因がなく起こるものではなく、
何かしらの身体の異常がによって引き起こされます。


頻発月経を引き起こす原因についてですが、
その原因は大きく2つに分けられると言われています。


1つめは「卵巣機能の低下」です。


本来であれば十分に卵子が育ってから排卵がされますが、
卵巣の機能が低下がしていると、十分に育たない卵子が排卵され、
生理周期が正常な方よりも、短くなってしまっています。


卵巣の機能不全は主に加齢が原因となっており、
一般的に、閉経が近づくに連れて月経周期は短くなります。


2つめは「生活習慣の乱れ」です。


生活習慣の乱れと一言にいっても、その原因は多くあり
例えば「過剰なストレス」「運動不足」「睡眠不足」「食生活の乱れ
などが原因としてあげられます。


女性の身体の中でも、子宮や卵巣は特にデリケートな器官であり、
生活習慣の乱れによって引き起こされるホルモンバランスの乱れが
排卵や生理周期に大きな影響を与えてしまいます。
[star_h4 style=”1″ color=”pink”]頻発月経の改善方法は?[/star_h4]
上に書いたように、頻発月経の主な原因は
「卵巣機能の低下」と「生活習慣の乱れ」です。


という事で、頻発月経の改善方法は、簡単に言えば
卵巣の機能を向上させ、生活習慣を改善することです。


まずは卵巣機能の向上についてです。


卵巣機能の低下の原因は主に加齢であることは上に書きましたが、
これに関してはどのように改善をすればよいのでしょうか?


当然ながら、加齢を止めることは出来ませんが、
卵巣の機能を向上させ、機能の低下を抑えることは可能です。


卵巣や子宮は冷えに非常に弱い器官であることが知られており
器官が冷え続けることによって、ダメージが蓄積します。


このダメージの蓄積を回避するために、身体の冷えを避けて
身体を温めることで、器官の機能を向上させることができます。


身体の効果的な温め方ですが、半身浴や足湯などで
下半身を重点的に温めることで身体全体を温めることができます。


また、ストレッチなどの身体を動かす行為によっても
血流を良くすることができ、身体を温めることができます。


次に、生活習慣の改善についてです。


生活習慣の乱れの原因については上にも書きましたが
「過剰なストレス」「運動不足」「睡眠不足」「食生活の乱れ」
などが生活習慣の乱れの一因にあげられます。


ということで、生活習慣を改善するためには
ストレスを溜めない適度な運動十分な睡眠十分な栄養摂取
などにより、頻発月経を改善することができます。


頻発月経が長期化していて、改善を行っていても
なかなか頻発月経が改善されない場合には、
病院での診察を受けることをオススメします。


不妊に悩む人の多くは、生理不順に不安を抱えている方も多いですが
不妊になってしまっている原因をしり、改善をしていくことで
妊娠をする可能性は確実に高くなっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました