妊娠線 消す ケア

不妊症の原因を知って対策!ゆか子の不妊症戦記!

不妊症の基礎知識や体験談の紹介ブログ!

妊娠線を後から消すのは不可能!妊娠初期からケアしよう!

無事妊娠に成功した後にも様々な問題が発生します。

その問題の1つが妊娠でお腹が大きくなってしまい「妊娠線」ができてしまうということですね。

最近はマタニティーライフの過ごし方などの情報も充実してきており、妊娠線のケア方法も確立されています。

今回の記事では、妊娠線に対策するためのマタニティーライフについて紹介していきたいと思います。

妊娠線ってどんなもの?画像で紹介!

妊娠線というのは「妊娠によって皮膚が伸びたことにより裂けてしまった結果できた傷跡」のことです。

限界以上に皮膚が伸びてしまった場合、皮膚が裂けて肌の表面に傷跡が表れてしまうんですね。

下の画像が妊娠線の画像です。

妊娠線写真2

妊娠線はお腹にできるのが最も多いケースですが、太ももや胸などにできることもあります。

また、妊娠線とは呼ばれませんが、肥満や成長期によっても同様の症状が表れることもあります

妊娠線はどうしてできる?

妊娠線は皮膚が避けることによってできるということを書きましたが、もう少し詳しく紹介しておきたいと思います。

皮膚は大きく分けて3層に分かれていて「表皮」「真皮」「皮下組織」という名前がついています。

妊娠線はこの3層の内の表皮と真皮が裂けることによってできてしまいます。

妊娠線説明

もっと詳しく言うと、表皮や真皮が裂けることによって肌の奥にある毛細血管が透けて見えることで妊娠線ができます

また、妊娠時は赤ちゃんの成長を重視するために、母体の肌の代謝が落ちるので皮膚が裂けやすくなるのも妊娠線ができる原因の1つですね。

妊娠線を後から消すのは不可能!

妊娠線の最もやっかいなところは「一度できてしまった妊娠線は完全に消すことができない」ということです。

その理由は一度裂けてしまった真皮を修復することが難しいからです。

レーザーによる除去治療もありますが、妊娠線を目立たなくするだけで完全に消すことはできません

また、ヒドイ妊娠線になると目立たなくすることも難しいこともあります。

医学が進歩することで妊娠線が消えるようになる日が来るかもしれませんが、残念ながら現在は妊娠線を完全に消す方法はありません。

妊娠線は妊娠初期からケアしよう!

一度できてしまった妊娠線は完全には消すことができないということを上で書きました。

では、どうやって対策をすればよいのかというと「お腹の大きくなる前の妊娠初期から対策をする」ことをオススメします。

妊娠線は皮膚が裂けることによってできるのですが、妊娠初期から対処をすることで皮膚が避けにくい状況を作ることは可能です。

なので、妊娠線に対する正しい対策は「消すのではなく、作らないようにする」ことだと言えますね。

では、妊娠線を作らないためにはどのようなケアをすれば良いのでしょうか?

妊娠線をケアする具体的な方法は?

妊娠線ができないようにするためのポイントはいくつかあります。

単純に「皮膚が裂けにくいような生活をする」と言われても具体的にどうすればいいのかは分かりませんよね?

ということで、ここからは妊娠線をケアするための具体的な方法を紹介していきます。

1.適度な運動
2.肌を保湿して裂けにくい皮膚を作る
3.妊娠初期からケアを始める
4.腹帯やガードルを使う

上に紹介した4つが妊娠線をケアする上で心がけたい具体的なポイントですね。

この4つのポイントについて簡単に紹介していきます。

1.適度な運動

適度な運動は身体の代謝を向上させるので、皮膚の代謝も向上して肌が生まれ変わりが早くなり、裂けにくくなります

代謝が遅く、古い肌は組織間の結合力が低下しているため裂けやすいんですね。

また、妊娠時は運動量が減りがちなので脂肪がつきすぎて太ってしまう人も多いです。

胎児の成長+脂肪の増加が組み合わさると、皮膚はさらに伸びて裂けやすくなってしまいますよね!

なので、妊娠時にも適度な運動を行って、脂肪が付き過ぎないようにすることは妊娠線ケアで大切なことです。

当然、妊娠中に激しい運動はNGなので、ウォーキング程度の軽い運動を継続して行うようにしましょう!

2.肌を保湿して裂けにくい皮膚を作る

肌を保湿するというのは、妊娠線ケアをする上で最も重要なことです。

顔の肌を想像して貰えばわかりやすいと思いますが、乾燥した肌は固くて裂けやすいですよね?

お腹の肌も同様で、乾燥したお腹の肌は裂けやすく妊娠線ができやすいです。

特に妊娠時はホルモンバランスが変化して肌が乾燥しやすいので、しっかりとしたスキンケアをすることが必要です。

では、どのようにスキンケアをすればよいのでしょうか?

具体的には、お腹に毎日クリームなどを塗って保湿をするという方法が最も有効です

また、妊娠線を予防する上では、普通のクリームよりも妊娠線予防専用のクリームを使うのがオススメです。

その理由は、普通のクリームと比較して妊娠線予防専用クリームの方が保湿力や伸び良さの点で優れているからです。

もし、普通のクリームを使う場合には、保湿力が高く伸びが良い物を選択すると良いでしょう!

3.妊娠初期からケアを始める

お腹が大きくなる前の妊娠初期から妊娠線のケアをすることは重要なことです。

代謝の向上やスキンケアは数日でできるものではなく、継続することで効果が表れるものです。

例えば、お腹が大きくなってきてからクリームを塗り始めても、すでに手遅れであるケースは多いです。

なので、お腹が大きくなる前からあらかじめ適度な運動やスキンケアを行い、裂けにくい肌をつくることはとても大切なことです。

個人的には、妊娠が発覚したらすぐに妊娠線のケアを始めることをオススメします

4.腹帯やガードルを使う

妊娠線の予防としては腹帯やガードルを使うことも有効です。

特に妊娠後期には胎児が大きくなり肌が伸びるので、腹帯やガードルで皮膚の伸びすぎをサポートすることが重要です。

このように外部から物理的に皮膚を支えることでも妊娠線をケアすることは可能です。

もちろん、皮膚だけではなく身体自体への負担も軽減されるので、こういった製品を使うのは妊娠線ケア以外でも有効と言えますね。

【まとめ】妊娠線を後から消すのは不可能!妊娠初期からケアしよう!

妊娠線はできてしまってから対処するのは難しいので、妊娠線ができる前からケアをすることをオススメします。

また、お腹が大きくなってからでは手遅れのこともあるので、妊娠初期からケアを始めるようにしましょう!

運動・保湿・ガードル等の使用をすることで、妊娠線ができる確率をかなり低下させることが可能です。

妊娠線予防専用クリームもそれほど高いものではありませんし、普通のクリームと比較して予防効果が高いです

なので、本気で妊娠線予防を考えるのであれば、妊娠線予防専用クリームの使用を検討すると良いのではないかと思います。

別の記事でオススメの妊娠線予防クリームを紹介しているので、興味がある方は合わせて読んで頂ければと思います。

以上、「妊娠線を後から消すのは不可能!妊娠初期からケアしよう!」でした!

成分で選ぶ妊娠線予防クリームランキング!オススメはこれ!

妊活サプリメントはコレで決まり!妊娠力を高めるサプリを紹介!

誘導用サムネ

というようなことを思いながらわたしは妊活をしていました。

もともと、結婚が遅かったこともあり、結婚早々に子作りを積極的に行っていました。

冷え性や生理不順などの体質的な問題もあったこともあり、時間はかかってしまったものの、35歳の時に男の子を、38歳の時に女の子を無事出産することができました。

妊活の際は、妊娠しやすい身体作りをするために、生活習慣を改善し、体質改善に必要な栄養素を摂取することを心がけていました。

妊娠しやすい身体を作るために必要な栄養素を安くて効率よく摂取するために選んだ妊活サプリを紹介します。

よく読まれているカテゴリー別記事一覧

総合

妊活サプリメントはコレで決まり!妊娠力を高めるサプリを紹介!
ミトコア300mgの口コミ・評判と効果をまとめて紹介!
妊活サプリkodakaraの口コミや効果をまとめて紹介!
葉酸はいつからいつまで摂ればいい?摂取量と注意点!
妊娠後には医療保険に入れない!妊活中に保険を見直そう!

男性の妊活

不妊症のチェック(男性編)不妊の原因になる8の症状!
現代男性の精子数が減って男性不妊が増えてるってホント?
桑の葉茶で妊活!大人の青汁シトルリン桑抹茶で精子を元気に!

不妊症の原因

【基礎体温表】グラフの要注意パターン5つ!もしかして不妊症?
二人目不妊の原因や克服方法について
【妊娠しやすい人】不妊症と肥満・痩せすぎ
不妊症のチェック(女性編)不妊の原因になる12の症状!
男性・女性の不妊症の原因まとめ

不妊症と生活習慣

卵子の老化を加速させる生活習慣と卵子の若返り!
【妊娠しやすい体づくり】運動不足は不妊に直結する!
妊娠しやすい食べ物と妊娠しにくい食べ物・食生活
睡眠不足は不妊の原因!妊娠しやすい体質を作ろう!
【子供ができない】ストレスと不妊の関係
【妊娠とタバコ】喫煙は不妊の原因!卵子の老化が加速!

タイミング法

伸びるおりもので排卵日が分かる?【白色・多いなどの特徴】
タイミング法と排卵日予測で自然妊娠確率を最高に!
一番妊娠しやすい日を基礎体温と排卵日から計算しよう!

高齢出産・高齢妊娠

40歳・40代の妊娠確率【自然妊娠・出産がギリギリ間に合う】
妊娠可能年齢は何歳?高齢出産記録から見る自然妊娠の限界
高齢出産のダウン症検査方法と中絶の現実について
高齢出産だとダウン症や障害児の確率が高くなるってホント?

赤ちゃんの健康を守る

妊娠中・妊娠初期のタバコ喫煙の胎児への悪影響について
葉酸の取りすぎに注意!サプリの過剰摂取は避けよう!
ベルタ葉酸サプリで妊娠中の赤ちゃんの健康を守る!

不妊症の病気と対策

クラミジア感染症と不妊症・症状や検査方法
【性病検査キット】性病検査は自宅でも可能!
流産の原因・確率と不育症の改善方法

この記事に関連する記事一覧

不妊を根本から改善するサプリミトコア300mg
よく読まれている記事一覧
サイドバー用サプリメントサムネ 妊活サプリメントはコレで決まり!妊娠力を高めるサプリを紹介!

妊活サプリを選ぶ際には、その妊活サプリの効果や成分をしっかりと知る必要があります…


サイドバーサムネ用ミトコア ミトコア300mgの口コミ・評判と効果をまとめて紹介!

ミトコンドリアを活性化させ卵子を若返らせる効果のある事で注目されている「イースタティックミネラル」…


kodakaraサイドバー用サムネ 妊活サプリkodakaraの口コミや効果をまとめて紹介!

私はいろいろな妊活サプリを調べてきましたが、その中でもオススメできるのがオールインワン妊活サプリ「kodakara」です…


葉酸はいつからいつまでサイドバー 葉酸はいつからいつまで摂ればいい?摂取量と注意点!

妊娠が発覚してから葉酸をとる方が多いですが、実は、妊娠が発覚してから葉酸をとっても十分に効果は得られません…


ベルタ葉酸サプリサイドバーサムネ ベルタ葉酸サプリで妊娠中の赤ちゃんの健康を守る!

葉酸サプリはいろいろあってどれを選べばいいのか分からないという方も多いと思います(ネット上には怪しげな比較サイトも多い…


シトルリン桑抹茶サイドバー用サムネ 桑の葉茶で妊活!大人の青汁シトルリン桑抹茶で精子を元気に!

男性の不妊はあまり注目されることがありませんが、不妊症の原因の半分は男性にあることが判明しており深刻な社会問題となって…


高齢出産はダウン症が増えるサイドバーサムネ 高齢出産だとダウン症や障害児の確率が高くなるってホント?

子待ちをしている全ての女性が、健康な子供が生まれてくることを望んでいると思います。しかし、女性の望みとは反対に…


医療保険サイドバーサムネ 妊娠後には医療保険に入れない!妊活中に保険を見直そう!

妊娠~出産までには病院に通ったり入院したりする必要があるので結構なお金がかかります。まだ医療保険に入っていない方…

妊活に必須の葉酸サプリを紹介
カテゴリー
妊活サプリ「kodakara」で体質を改善!
プロフィール
プロフィール用画像
現在、2児3児?のママである「ゆかこ」です。
不妊を乗り越えて35歳の時に男の子を、38歳の時に女の子を出産しています。
このブログでは、わたしが不妊に悩んでいた時に調べた情報や当時の体験を紹介しています。
【ご報告】3人目妊娠しました!
私が選んだ3つの妊活サプリ!
オススメのサプリサムネ
妊活サプリメントはコレで決まり!妊娠力を高めるサプリを紹介!
妊活に必要な栄養素を十分に摂取できて、コスト面でもお得な妊活サプリの組み合わせを詳しく紹介しています!