妊活の始め方!妊娠力を高める具体的な4つの方法!

不妊症の基礎知識

子供が欲しいと思い妊活を始めようと思ったときに「いったい何から始めればいいのかわからない」っていう方も多いのではないかと思います。


私も赤ちゃんが欲しいと思った時に、何から始めればいいのか分からず、ネットや本などで色々と調べて情報収集をしていましたが、なかなか妊娠することはできませんでした。


妊活を始めて色々と試して結果、時間はかかりましたが、35歳の時に男の子を、38歳の時に女の子を出産しており、現在は2児の母として専業主婦をしています。


現在は2児の母として生活をしていますが、不妊症に悩まされていた時期があり、今から考えれば無駄にした時間も多く「知っておけばもっと早く子供を産むことができたのにな」と思うことも多いです。贅沢な悩みではあるとは思いますが(^_^;)


この記事では、子供が欲しいと思っている方のために、私が調べた事や実践したことの中で、私が最初にするべきと思うことや効果のあった具体的な妊活についてを紹介していきます。


今回の記事では、既に不妊治療を始めている方などにとっては、なーんだと思われるような初歩の初歩の情報を紹介しているので、記事の内容としては薄めになっています(^_^;)
[star_h4 style=”1″ color=”pink”]妊娠力を高める4つの方法![/star_h4]
ここからは妊活を何から始めればいいの?という方のために、妊娠力を高めるための4つ方法について紹介をしていきます。


下に紹介する4つの方法は、簡単に実践できるものばかりですので、個人的には妊活はこの4つから始めていいけばいいかなと思います。


[normal_box2 color=”red” border=”b3″][imglist icon=”check1″ color=”orange”]

  • 基礎体温を測る習慣をつけよう
  • 病院で不妊症の検査を受けよう
  • 冷え性の予防/改善をしよう
  • ホルモンバランスを整えよう
  • [/imglist][/normal_box2]

    1.基礎体温を測る習慣をつけよう!

    子供が欲しいと思ったら、まずは基礎体温を測る習慣をつけることをオススメします!


    基礎体温を測定してグラフにすることで、排卵日を予測することができ、妊娠しやすい日を特定することができるので、基礎体温の測定はタイミング法にも必須になります。


    また、基礎体温を測ることで、自身の妊娠力を知ることができますし、不妊症の可能性の有無についても知ることができます。


    他にも、病院で不妊治療を受ける際にも、基礎体温をグラフ化した基礎体温表を提出することで、不妊治療をより有効に受けることができます。


    私の個人的な意見にはなりますが、妊活の第一歩は基礎体温の測定から始めるのが良いと思いますよ!


    [imglist icon=”check1″ color=”orange”]

  • 関連記事:基礎体温って何?正しい測り方を解説!
  • 関連記事:基礎体温のグラフの書き方を知って排卵日を予測しよう!
  • [/imglist]

    2.病院で不妊症の検査をうけよう!

    子供が欲しいと思っていても身体に問題があれば、妊娠をする可能性は低くなってしまいます。


    不妊症はデリケートな問題なので、あまり病院には行きたくないという方も多いと思いますが、病院で診断を受けなければ判明しない不妊の原因もあるため、不妊症の疑いがある方はなるべく早く病院での検査を受けることをオススメします!


    最近は、ブライダルチェックと言われる、結婚前にカップルが性感染症やガンなどの病気の検査や不妊症の検査もあり、不妊症の検査を受けるのも徐々に一般化してきています。


    早めに検査を受けた方がいいと偉そうなこと言ってますが、私は不妊症の検査で病院には行きたくないと思っていましたので、先延ばしにしていました。


    後々考えてみれば、もっと早くに病院で検査しておけばよかったなぁと思う節もあるため、反面教師にしていただければと思います(^_^;)


    [imglist icon=”check1″ color=”orange”]

  • 関連記事:不妊治療の初診って何をするの?
  • 関連記事:不妊治療の初診を決意!私に決意をさせた7つの理由!
  • [/imglist]

    3.冷え性の予防/改善をしよう!

    冷え性と妊娠って関係あるの?って方もいると思いますが、冷え性と妊娠には大きな関係があり、冷え性が悪化すると不妊症の原因になるということが知られています。


    どうして冷え性が悪化すると不妊症になるのかというと、子宮や卵巣に代表される生殖機能をもった臓器は冷えに弱いため、冷え性になり臓器が冷える状態が続くと生殖機能が低下していまうからです。


    また、冷え性は血の流れを悪くしてしまうので、不妊症以外にも様々な病気の原因になりますし、不妊症でない方も予防や改善をしておくと良いと思います!


    詳しくは下で書きますが、冷え性はホルモンバランスを乱す一因でもあり、ホルモンバランスが乱れると生理不順などを引き起こし、妊娠する可能性が低くなってしまいます。


    冷え性は、元々持っている身体を温める力が弱まっているために引き起こされますが、正しい生活習慣を身につけて身体を温める力を取り戻すことで、改善することが可能です。


    [imglist icon=”check1″ color=”orange”]

  • 関連記事:不妊症の大敵!冷え性の3つの原因について知ろう!
  • 関連記事:【不妊症対策】冷え性を改善する4つの生活習慣を身につけよう!
  • [/imglist]

    4.ホルモンバランスを整えよう!

    女性には生理があり、その生理の周期によってホルモンの分泌量が日々複雑に変化をしています。


    このホルモンバランスはとても繊細であるため、簡単な事で乱れたり崩れたりしてしまいます。


    冷え性のところでも少し書きましたが、ホルモンバランスが崩れてしまうと、生理周期などに悪影響を与えてしまい、最悪の場合には不妊症になってしまいます。


    ホルモンバランスも乱れは、不妊症になってしまう大きな原因の1つであるため、これから子供を産みたいと思っている方は、自身のホルモンバランスに問題あるかどうかをチェックしましょう!


    ホルモンバランスの乱れは、基礎体温を測ってグラフ化することでチェック可能なので、上でも書きましたが、基礎体温を測定して自身のホルモンバランスを確認すると良いですよ。


    自身のホルモンバランスを知り、問題があれば改善を、問題がなければ問題が起こらないように予防をすることで、妊娠する確率はグッと高くなります!


    [imglist icon=”check1″ color=”orange”]

  • 関連記事:女性ホルモンと不妊症って関係あるの?
  • 関連記事:【基礎体温表】グラフの要注意パターン5つ!もしかして不妊症?
  • [/imglist]
    [star_h4 style=”1″ color=”pink”]【まとめ】妊活の始め方!妊娠力を高める具体的な4つの方法![/star_h4]
    以上、妊活の始め方!妊娠力を高める具体的な4つの方法!でした。


    子供が欲しい!と思っている方で、何から始めればいいのかわからない方は、上に紹介した4つのことから始めるといいかなと思います。


    妊娠の可能性は加齢とともに減少していき、時間との戦いという面もあるので、子供がほしいと思ったら、なるべく早くに行動すること良いですよ。


    特に、年齢が30代の方で、まだ病院での不妊症の検査を行っていない方は、早めに検査を受けることをオススメします!


    検査だけなら、それほど高額にはなりませんし、妊娠するにおいての身体的な障害があるのかないのかを知ることで、その後の人生設計を考えることもできます。


    不妊のようなデリケートな問題で病院に行くには重い腰をあげる必要がありますが、子供を産むチャンスはそう多くはないですし、チャンスを最大限に活かす事を第一に考えて行動するといいかなと思います!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました