排卵誘発剤の副作用や費用

不妊症の基礎知識

排卵誘発剤は「不妊症の中でも重度の方が利用するモノ」と考えている方も多いと思います。

しかし、軽度の不妊症の場合でも排卵誘発剤は利用されていて、不妊治療では早い段階で服用することもあります。

また、排卵誘発剤には「強烈な副作用」や「高額な費用」などのイメージがありますが、このイメージは正しいものではありません。

排卵誘発剤は妊活女性にとって意外と身近なものなので、しっかりと知識を持っておく事をオススメします!

今回の記事では、排卵誘発剤の種類や副作用、費用などについての情報を紹介していきたいと思います。

排卵誘発剤ってどんなもの?

排卵が全くない「無卵症」や排卵が上手くいかないなどの排卵障害がある場合には、排卵誘発剤が使われます。

排卵誘発剤はその名の通り、排卵を誘発させるクスリです。

排卵誘発剤を投与することで、強制的に卵巣に排卵の指示を与えて、短期的に排卵障害を改善させます。

また、本来は1度の生理周期では1つの卵子しか排卵されませんが、排卵誘発剤を使用することで1度に複数の卵子が排卵されることもあります

短期的に排卵障害を改善させる排卵誘発剤ですが、ひとくちに排卵誘発剤といってもたくさんの種類があります

排卵誘発剤の種類

排卵誘発剤にはたくさんの種類があり、それぞれ効果が異なり、効果の弱いものから強いものまであります

ここでは、一般的によく使われるとされている排卵誘発剤の種類を簡単に紹介していきたいと思います。

カッコ内にはクスリの正式名称を、カッコ外にはクスリの商品名を書いています。

クロミッド・フェミロン(クエン酸クロミフェン製剤)

クロミッドは最もポピュラーな排卵誘発剤です。

クロビットは内服薬脳下垂体に作用して卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)を分泌させます。

この2つのホルモンは、卵胞を育てるように卵巣に支持を出すホルモンで、このホルモンが正常に分泌されることで、卵胞・卵子が育ちます。

また、排卵される卵子の数が増加することもあるので妊娠する確率も高くなります。

不妊治療の初期に使われることが多く、排卵誘発剤の中では比較的効果が穏やかです。

セキソビット(シクロフェニル製剤)

セキソビットもクロミッドと同じく、ポピュラーな排卵誘発剤です。

効果もクロミッドと似ていて、脳下垂体に作用して卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)を分泌させる内服薬です。

セキソビットとクロミッドで異なる点は、セキソビットの方がクロミッドよりも効果が緩やかであるという点です。

セキソビットは効果が緩やかであるために、不妊の症状が重い場合にはクロミッドが採用されることが多いです。

効果が緩やかである代わりに、セキソビットは副作用があまり無いので排卵障害が軽い場合に採用されることが多いです。

ヒュメゴン・パーゴグリーン(hMG製剤)

hMGとは、ヒト閉経期ゴナドトロピン(human menopausal gonadotropin)の略称です。

ヒュメゴンは、卵巣を直接刺激して卵胞を成熟させるクスリで注射によって体内に注入されます。

効果はセキソビットやクロミッドと同じようなモノですが、ヒュメゴンの場合は脳下垂体に作用するのではなく、卵巣に直接作用します。

卵巣に直接作用することで、セキソビットやクロミッドよりも大きな効果が期待できます

効果が強い反面で、卵巣を過剰に刺激してしまうため副作用も大きくなってしまいます

副作用が大きいという点もあり、クロミッドやセキソビットを使っても効果が見られない場合に使用されます。

フェルティノームP・フォリルモンP(FSH製剤)

FSHとは、卵胞刺激ホルモン(follicle stimulating hormone)の略称です。

フェルティノームPはヒュメゴンと同様に、卵巣を直接刺激して卵胞を成熟させるクスリで注射によって体内に注入されます。

こちらも内服薬であるセキソビットやクロミッドと比較して副作用が大きいので、重度の不妊症の場合に使用されます。

HCG(hCG製剤)

hCGとは、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(human chorionic gonadotropin)の略称です。

HCGは、卵巣を直接刺激して排卵を促すクスリで注射によって体内に注入されます。

一般的にHCGはヒュメゴンやフェルティノームPと併用して使われます。

つまり、ヒュメゴンやフェルティノームPで卵胞・卵子を成熟させ、HCGで成熟した卵子を排卵させるということですね。

HCGも卵巣に直接作用をするため、卵巣を過剰に刺激してしまい副作用が出る場合があります。

排卵誘発剤の副作用

上で紹介した排卵誘発剤の副作用を列挙して紹介していきます。

クエン酸クロミフェン製剤・シクロフェニル製剤

卵巣過剰刺激症候群・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振・目のかすみ・抑うつ

低確率(約5%)で多胚妊娠

hMG製剤・FSH製剤

卵巣過剰刺激症候群・関節炎・発熱

中確率(約20%)で多胚妊娠

hCG製剤

卵巣過剰刺激症候群・頭痛・めまい・不眠・疲労感・抑うつ

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)について

排卵誘発剤は卵巣に負荷をかけることになるので、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になる可能性があります。

卵巣過剰刺激症候群は内服薬で引き起こされる場合もありますが、注射剤によって引き起こされる場合が多いです。

卵巣過剰刺激症候群になると、卵巣が腫れ上がったり腹水や胸水がたまるなどの症状を引き起こします。

最近では、様々なデータからあらかじめ副作用が出やすいかどうか予測できるようになっているので、卵巣過剰刺激症候群の発症は少なくなっています。

排卵誘発剤の費用

排卵誘発剤は高額というイメージがありますが、基本的には保険が適用されるのでそれほど高額になることはありません

内服薬であるクロミッドやセキソビットであれば、1ヶ月あたり1,000円以下で処方されます。

注射剤になると価格は上昇しますが、1回あたり2,000円以下で1回の不妊治療で10回程の注射をすることになるので20,000円程度です。

ただし、排卵誘発剤の使用と同時に体外受精などの高度不妊治療を受ける場合には治療費は高額になります

不妊治療は高額のイメージがありますが、人工授精のステップまでであれば治療費はそれほど高くはなりません。

また、高度不妊治療の費用は高額ではありますが補助金もあるので、多くの方が挑戦して妊娠に成功しています。

タイトルとURLをコピーしました