おりものの危険な変化を知り妊娠力を高めよう!

不妊症とおりもの

おりものの状態がなんだかおかしい・・・」という時には注意が必要です。

それは、身体の異変が影響して、おりものにも変化が表れている可能性があるからです。

おりものの異変は、生殖機能と密接な関係にあるので、妊活中の女性やこれから妊活を始めようと考えている女性にとって重要なことです。

おりものが伝えている生殖器官の異変に気がつくのが遅くなってしまうと、子宮や卵巣などの器官に大きなダメージを受けてしまい、不妊症に陥ってしまう可能性もあります。

逆に、おりものに異変があることを早くに気がつくことができれば、それだけ、身体の異常に早く気がつくことができます。

あらかじめ、おりものの危険な変化を知っておけば、生殖機能の異常に早く気がつけるので、それだけ妊娠力を高まります!

ということで、今回の記事では「こんなおりものの変化は危険!」という情報を紹介していきたいと思います。

こんなおりものの変化には気をつけよう!

おりものがいつもと違う場合には、膣、子宮頚管、子宮内膜、卵管などの器官が感染症にかかっていたり、炎症を起こしている場合があります。

ここから下では「こんなおりものの変化は危険」という代表的な例を紹介していきます。

関連記事:伸びるおりもので排卵日が分かる?【白色・多いなどの特徴】

白く濁っていて、カッテージチーズ状

白く濁っていて、カッテージチーズ状のおりものが出る場合には、膣カンジダの可能性があります。

カッテージチーズ状というのは、下の画像みたいな感じです(他にも、酒かす状、粥状、ヨーグルト状とも言われます)

見ていただければ分かると思いますが、念のために言っておくと、この画像はおりものではなく、ヨーグルトです(^_^;)

膣カンジダ症は女性にとって最もポピュラーな感染症で、約5人に1人が経験すると言われています。

また、膣カンジダ症はかゆみを伴うことが多く、再発率も非常に高いです。

膣カンジダ症になると、膣が炎症を起こし、膣内環境が悪化するので、妊娠力が低下してしまいます。

透明~黄味がかった白色で腹部に痛みがある

透明~黄味がかった白色のおりものが出て、腹部に痛みを伴う場合には、クラミジア感染症の可能性があります。

クラミジア感染症は、日本で感染が最も多い性感染症で、患者数が年々増えていっています。

クラミジア感染症が悪化すると、膣の炎症にとどまらず、子宮内膜や卵管などの炎症を引き起こし、不妊症の原因になります。

感染者数が増えていることもあり、クラミジア感染症で不妊症になる方も増加していて、不妊の原因として問題視されています。

クラミジア感染症は自覚症状があまりないため、慢性化してしまう場合も多いので、クラミジア感染症を予感させるようなおりものの変化があった場合には注意が必要です。

黄色や黄緑色で泡が混じっている

黄色や黄緑色で泡が混じっているおりものが出る場合には、トリコモナス膣炎や細菌性膣炎の可能性があります。

この場合には、かゆみや悪臭を伴うこともあります。

トリコモナス膣炎や細菌性膣炎は、膣内環境を悪化させますし、他の感染症にかかるリスクも上昇するので、早急な対処が必要です。

白、黄色、茶褐色で膿(うみ)状

白、黄色、茶褐色で膿(うみ)状のおりものが出る場合には、生殖器官が炎症を起こしている可能性があります。

生殖器官の炎症で代表的なものは「膣炎・子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎」で、どの症状の、不妊につながります。

生殖器官の炎症はどれも不妊につながりますが、特に卵管の炎症には注意が必要です。

卵管は細い管状で、卵子や精子の通り道になっています。

この通り道が炎症によって通れなくなると、自然妊娠することができなくなります。

また、炎症がおさまったとしても、組織が癒着したり、卵管が詰まったままになる可能性もあるので、注意が必要です。

関連記事:卵管異常の原因や症状は?検査や治療方法!

茶褐色~赤色で水っぽい

茶褐色~赤色で水っぽいおりものが出る場合には、子宮頸管ポリープや子宮内膜ポリープ、子宮がんの可能性があります。

膣と子宮をつないでいる子宮頚管にポリープができると、精子の通り道が狭くなってしまうので、妊娠しにくくなります。

また、子宮内膜にポリープができると、受精卵の着床が妨げられたり、胎児の発育が悪くなる場合があるので、流産の可能性が高くなります。

子宮がんは、不妊の原因になるだけでなく、命に関わる問題です。

茶褐色~赤色で水っぽいおりものが出る場合には、早めに病院で検査を受けることをオススメします!

【まとめ】おりものの危険な変化を知り妊娠力を高めよう!

自覚症状に気がつきにくい病気や感染症でも、おりものの変化に敏感になっていれば、早くに察知することが可能な場合があります。

膣、子宮頚管、子宮、、子宮内膜、卵管などの妊娠に重要な器官の異変になるべく早い段階で知ることで、症状が軽いうちに対処することが可能になります。

ということで、妊活中の女性やこれから妊活を始めようと考えている女性は、白い下着や白いおりものシートを使用するなどして、おりものの変化をより分かりやすくすることをオススメします!

関連記事:不妊症のチェック(女性編)不妊の原因になる12の症状!

コメント

タイトルとURLをコピーしました